講 師

若佐久美子

6才より田中揚子(ミチルバレエ会)のもとでバレエを始める。
1988年京都バレエ専門学校卒業。在学中、有馬龍子、安達哲治、本多恵子に師事。 平成元年より松江で若佐久美子バレエスクール開設。'97年から、日露文化交流委員会の協力の下、ロシア人ダンサーとの交流を深める。生徒達は、複数、後の進路をバレエへ求め国内外で活動を続けている。
島根県芸能文化協会会員。松江市文化協会会員。(公社)日本バレエ協会会員。

佐藤 さくら

3歳より若佐久美子のもとでバレエを始める。
‘04日露文化交流委員会主催による、ロシアモスクワ・バレエアカデミー講習会(現地)へ参加し、研鑽をつむ。ラルジェス公演では、毎年主要パートを踊る。
‘08・03月「第2回ペルミ留学コンクール」(ロシア国立ペルミバレエ学校日本校主催)にて奨励賞を受賞。
現在、若佐久美子バレエスクールにて子供たちの指導にあたる他、米子シダックスカルチャー教室での指導を受け持つ。

稲田 範保

1980年京都バレエ専門学校卒業。専修学校教育振興会より優秀賞受賞。1980年~1984年有馬龍子バレエ団でソリストとして踊る。 有馬龍子、イヴェット・ショヴィレ、ジョゼット・アミエルに師事。

吾郷 静

若佐久美子バレエスクール、昭和音楽芸術学院バレエ科、ロンドンスタジオセンターでクラシックバレエ、コンテンポラリー、インプロゼーションを学ぶ。 元ロンドン・ビエナフェスティバルバレエ団プリマ。帰国後の活動は、ラルジェス、若佐久美子バレエスクールでの指導、ラルジェス定期公演出演、振付、日本バレエ協会合同公演出演、県外のバレエ教室へのゲスト出演など。
2009年より自主公演を企画し、舞台ごとにダンサーを集め「Dance Nuts」として作品を発表する。 ロンドンインターナショナルバレエセミナースカラシップ賞受賞。多くの全国コンクールにて入選、上位入賞。